その他

【ゴルフ】初心者でも失敗しない掛け声一覧、「ファー」か「フォワー」か、はたまた「フォー」か…

ゴルフ初心者の方がコースデビューして戸惑うことのひとつに、プレー中の『掛け声』の問題があります。
ゴルフには場面場面でお決まりの掛け声が存在するので一通り押さえておきましょう。

こればっかりは練習場で予行演習するわけにもいかないのでイメトレしておけばOKです。
間違っても打ちっ放しで『ファーっ!』とか叫んではいけません。出禁になります。

スポンサーリンク

①『ファー』or『 フォワー』or『フォー』

とりあえず1つ目はマストで覚えておきたい掛け声『ファー』or『 フォワー』or『フォー』です。
使う場面としてはボールが人に当たりそうな方向に飛んで行ってしまった時です。

一番多いのはドライバーでのティーショットを打った際、隣のホールにボールが行きそうになったらとりあえず叫びましょう。
その方向にいるプレーヤーに防御態勢を取ってもらうためです。

ここであるある。
ティーショットを打った本人、ボールがあらぬ方向に行ったショックでとっさに『ファー』の掛け声出ない説。

とっさに固まって声が出ないケースもありますが、悲しみに打ちひしがれてる暇はありません。
気を確かにもってすぐに声出ししましょう。

まあ、同じ組のプレーヤーもすぐに声を出してくれるでしょうが、本人が声出ししないのはさすがにまずいので…

あと、同組内で一番若手のあなたは積極的に『ファー』を発していきましょう。
上司が声出ししてるのに、部下が出さないのはNGです。

ついでに、小さい声の「おざなりファー」もやめましょう。
危険を知らせるのが目的なのを忘れずに。
聞こえなきゃ意味がない…

『ファー』or『 フォワー』or『フォー』、結局正しいのはどの発音?

諸説ありますが、一番一般的なのはやはり『ファー』ですね。
HGばりに『フォー!』なんて言ってる奴、会ったことありません。

一説ではイギリス軍の号令である「Be were before」や、OBの判定や前方の様子などを伝える「Forecaddie(フォアキャディ)」からきているようなので正確には『フォワー』なんでしょうね。

でも実際叫ぶと『フォワー』って力入らないし言いにくいんですよ。
だから1回試してすぐに『ファー』に戻しましたよ、私は。慣れの問題だったかもしれないですが。

② ナイスショット

これは文字通り、いいショットをしたら称えるための掛け声ですね!

ちなみにミスショットで「ちょっと」しか飛ばなかった時、昭和世代は『ナイスちょっと!』と叫びます。

若人の皆さんは初めて聞いても顔をひきつらせないように。
笑顔で聞き流しましょう。

あと、昔こんな曲があったりもしまして…

作曲、織田哲郎なんですよね。
オリジナルは黒田アーサー+長保有紀だけど、逸見政孝さんのほうが印象深いです、平成教育委員会世代としては…

そういやなんかのイベントで、小学生の時、逸見さんを見た記憶が…
あやふやだけど、そこで司会をしていたような…日能研の卒業式だったかな???
記憶があやふやだ…

ナイスショットの注意!

これまたあるあるの話として、適当にボールの行方も見ずに「ナイスショット!」っていう奴、結構います。
確かに出だしは良さそうなティーショットでも、次第に巻いていきバンカーやOB、ワンペアゾーンに行くこともあるわけで。

そうなると言われた方はイラっとくるんですよ、自分のミスも相まって…
だからボールの行方をきちんと見届けた上で掛け声をかけましょう。

いい加減な掛け声をする奴、嫌われますよ。

あと、声のトーンも気になる人はいるようです…

そうですね、ナイスショットじゃない時は静かに放置してましょう。

若手社員が上司のショットにヨイショのためか何でもかんでも「ナイスショット!」って言ってて、それが続いてたら上司に注意された場面見たことあります。
そういう奴は空気が読めないから大抵仕事もできないです…

「グッショ!」っていう奴

海外ではこちらが使われます。
「グッドショット」の略ですね。

使う分には構いませんが、正直上級者感が出てしまうので、100を叩くような人が言ってるのを聞いたら半笑いになってしまいそうです。
ご自身のキャラ、腕前を考慮した上で発しましょう。

ちなみに平均スコア96の私は使ったことがありません。
その程度の腕前でカッコつけてるって思われるのが嫌な小心者なので 😎

③ナイスアウト(ナイスリカバリー)

こちらはバンカーや林からボールが綺麗に出た時に使います。

バンカーからグリーンオンした時、林からフェアウェイに戻した時とかですかね。

ナイスリカバリーよりはナイスアウトの方が頻度は高いかな。
ちなみに「ナイスリカバリー」よりは「ナイスリカバー」の方が言いやすいです。

④ナイスキック

たまにボールを産んで打ちやすいところにしれっとキックする輩がいますが、そんな時に使う言葉ではありません。

ボールが斜面にぶつかってグリーンオンした時とか、木にぶつかってOBゾーンからフェアウェイに戻ってきた時とかに使います。

⑤ステイ

ボールが止まって欲しい時とかに使います。
打った本人も言いますね。

グリーンに着弾したボールが意外に速く転がってオーバーしてしまいそうな時とか「ステイ、ステイ、ステイ…」なんて叫びます。

⑥ナイスタッチ

グリーン上でうまく寄った際に使います。
入ったら「ナイスイン」のかけ声なので、ロングパットを寄せた時に多用しますね。

個人的には「ナイタッ!」って言ってます。

まとめ

主要な掛け声を見てきました。
全般的に言えるのは「適当な声掛けをするくらいなら止めておきましょう」ということ。

ミスショットに後に適当に励まされるくらいなら黙ってくれてた方がマシです。

ただ、いいショットをしたら気持ちよく声掛けしてくれると特に初めての人とは気持ちよく回れるので積極的にお願いします!

(Visited 20 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

-その他
-,