リブゴルフ

【リブゴルフ第4戦】世界ランク2位キャメロン・スミス参戦!日本人選手は?視聴方法は?

宮沢りえ並にすったもんだがありながらも、順調に勢力を拡大し第4戦を迎えるリブゴルフ!


新たに世界ランク2位キャメロンスミスの参戦も正式に発表されました。
その他注目選手と共に開催されるゴルフ場も見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

開催日程&開催コース

2022年9月2日~9月4日(現地時間)、米マサチューセッツ州ボストン郊外のジ・インターナショナルで開催されます。

チーム分けが決定しました(12チーム48名)

  • ニブリックスGC
    ※バッバ・ワトソン(米国)、ハロルド・バーナーⅢ(米国)、ハドソン・スワフォード(米国)、@ジェームズ・ピオット(米国)、ターク・ペティット(米国)
    バッバワトソンはノンプレーイングキャプテンということで試合には出ないようです…なんだそれ…
    8位⇒7位⇒7位…今回も苦戦か。
  • ファイヤーボールズGC
    ※セルヒオ・ガルシア(スペイン)、アブラム・アンセル(米国)、カルロス・オルティス(メキシコ)、E・ロペス・チャカラ(スペイン)
    ここは前回とメンバーは同じ。11位⇒3位⇒3位と来ているので今回も優勝争い濃厚か。
  • HYフライヤーズ GC
    ※フィル・ミケルソン(米国)、ベルンド・ウィースバーガー(オーストリア)、マシュー・ウルフ(米国)、キャメロン・トリンガーリ(米国)

    メンバー1名入替。10位⇒11位⇒4位と推移。
  • パンチGC
    ※キャメロン・スミス(オーストラリア)、ウェイド・オームズビー(オーストラリア)、マット・ジョーンズ(オーストラリア)、マーク・リーシュマン(オーストラリア)

    7位⇒12位⇒11位。満を持してキャメロン・スミス出陣!
  • スマッシュGC
    ※ブルックス・ケプカ(米国)、ジェーソン・コクラク(米国)、ピーター・ユーライン(米国)、チェイス・ケプカ(米国)

    ケプカ兄弟、今度こそ!9位⇒6位⇒8位。
  • クリークスGC
    ※マーティン・カイマー(ドイツ)、グレアム・マクドウェル(北アイルランド)、ローリー・キャンター(イングランド)、リチャード・ブランド

    メジャーチャンピオン2名を要し、底力あり!6位⇒10位⇒9位。
  • 4エースズGC
    ※ダスティン・ジョンソン(米国)、パトリック・リード(米国)、テイラー・グーチ(米国)、パット・ペレス(米国)
    メンバー変わらず。5位⇒優勝⇒優勝なので今回も上位争い!
  • トルクGC
    ※ホアキン・ニーマン(チリ)、スコット・ビンセント(ジンバブエ)、アドリアン・オタエギ(スペイン)、ジェダイア・モーガン(オーストラリア)
    日本人4名(谷原秀人、木下稜介、香妻陣一朗、稲森佑貴)は残念ながらクビになりました…
    4位⇒4位⇒12位。
  • マジェスティックスGC
    ※リー・ウェストウッド(イングランド)、イアン・ポールター(イングランド)、ヘンリックステンソン(スウェーデン)、サム・ホースフィールド(イングランド)
    3位⇒8位⇒2位。面子変わらず!今回も当然優勝候補!
  • クラッシャーズGC
    ※ブライソン・デシャンボー(米国)、ポール・ケイシー(イングランド)、チャールズ・ハウエル3世(米国)、アニルバン・ラヒーリ(インド)
    2位⇒9位⇒6位。ラヒーリが初参戦!
  • スティンガーGC
    ※ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)ショーン・ノリス(南アフリカ) チャール・シュワーツェル(南アフリカ) ブランデン・グレイス(南アフリカ)
    優勝⇒2位⇒5位。高値安定。ALL南アチーム!
  • アイロンヘッズGC
    ※ケビン・ナ(米国)、サドム・ケーオカンジャナ(タイ)、パチャラ・コンワットマイ(タイ)、キム・シバン(韓国)
    5位⇒10位⇒10位。今回も苦戦か…

優勝予想

ファイヤーボールズGC
○4エースズGC
▲クラッシャーズGC

注目のキャメロンスミス、参戦理由は?

何といっても世界ランク2位、キャメロンスミスの参戦が大きな話題に!
そして注目されたLIV入りの理由は…

まあ、なんだかんだ書いてますが1番はお金である旨本人もインタビューで述べています。
潔い 🙂

「『お金』は間違いなくその決定を下す要因でした。私はそれが理由ではなかったと言ったりしません。
明らかにビジネス上の決定であり、私が無視することのできない申し出でした」(GDOのインタビュー)

日本人選手は参加ゼロ!

日本人4名(谷原秀人、木下稜介、香妻陣一朗、稲森佑貴)は世界ランク下位のため弾かれた形。
数合わせ的存在だったのは周知のとおりなので仕方のないところ。

せめて世界ランク100位以内じゃないときついかなあ…
松山英樹も参加拒否したし、当分日本人選手をリブゴルフで見ることは無さそうです。

視聴方法

今回もいままで同様、YouTubeやフェイスブック、HP上で視聴可能!
dazn(ダゾーン)でもOK!
DAZN

(Visited 49 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

-リブゴルフ
-,