2000年度生まれ 女子プロゴルファー

【女子ゴルフ】プラチナ世代の優勝回数ランキング!一番多いのは、やはり賞金女王候補のあのプロ!

黄金世代と並んで女子ゴルフ界の中心で盛り上げる2000年度生まれのプラチナ世代!
ミレニアム世代とも呼ばれていますね。
次から次へとニューヒロインが誕生するゴルフ界においても特に注目が集まる年代となっています。

そんな彼女たちの中で、優勝回数が多いのは誰か?調べてみました。

スポンサーリンク

黄金世代優勝回数ランキング!(2021.11.11時点)

プラチナ世代でツアー優勝を果たしているのは現在3名。
黄金世代が9名ですから、2年後輩の彼女たちが追いつくにはまだまだ先になりそう。
それではその3名を見てみましょう!

  1. 古江彩佳(国内7勝)
    【プラチナ世代】古江彩佳の結婚時期は?インスタのスイング動画がキレキレ!

    プラチナ世代の勝ち頭、女子プロゴルファーの古江彩佳プロ! ショットが曲がらない安定感が魅力!アメリカツアーでもほとんど予選落ちも無く堅実な彼女! 小柄な体格でイーグルを量産するそのスイングに注目が集ま ...

    続きを見る

  2. 西村優菜(国内4勝)
    【プラチナ世代】西村優菜のドライバー飛距離は?プレー中の笑顔の秘密とは?

    プラチナ世代の筆頭格、西村優菜(にしむらゆな)プロ。 同世代初の国内メジャー優勝も果たし、ますます勢いに乗っています! その小柄な体格から繰り出すドライバーショットとプレー中に見せる素敵な笑顔にはある ...

    続きを見る

  3. 吉田優利(国内2勝)
    【プラチナ世代】吉田優利は女子ゴルフ界のコスメ番長!インスタのウェアがかわいい!

    プラチナ世代の代表格、吉田優利プロ! 既に2勝(2021年9月時点)をあげており、競合ひしめく同世代の中でも着実に頭角を現してきています。 2021年『ほけんの窓口レディース』では3位タイに入り、あわ ...

    続きを見る

1位は2020-2021年度シーズンで賞金女王を狙える位置にいる秋女」こと古江彩佳プロが輝きました!
今一番安定して強いプロかもしれません。最後まで稲見プロや小祝プロとの女王争いが楽しみです!

2位は小柄ながらショットの切れとパットで勝負する西村優菜プロ
2021年度は9月に2週連続優勝もあり手の付けられない印象がありました。

3位はゴルフ界のコスメ番長こと吉田優利プロ
2021年の『ほけんの窓口レディース』では、ベストスマイル賞2位、ベストドレッサー賞2位入り存在感を示しました!
ちゃんと試合自体も3位に入ってます(笑)

ネクストブレイクプラチナ世代

いまだ未勝利のツアープロや、アマチュアの中にも今後の活躍が期待できるプラチナ逸材は多くいます!
その中の3名をご紹介。

安田祐香プロ

まずはルックス先行で見られがちもアマチュア実績充分な安田祐香プロ!
ご本人もアイドル扱いされるのもうんざりでしょうから早く初勝利が望まれるところ。

【プラチナ世代】安田祐香プロのドライバー平均飛距離は?ジュニアから続けているジャイロスイングとは?

日本女子ゴルフ界のプラチナ(ミレニアム)世代代表格、安田祐香プロ。 2021年9月現在、まだツアートーナメントでの優勝が無いためルックス人気先行に見られがちですが、アマチュアでの実績を見ても実力は充分 ...

続きを見る

澁澤莉絵留(しぶさわりえる)プロ

続いて渋沢栄一の子孫でお馴染みの美人プロゴルファー、澁澤莉絵留(しぶさわりえる)プロ!
こちらも初勝利をあげれば間違いなく人気が爆発しそうな話題性充分の女子プロです。

長野未祈(ながのみのり)アマ

最後にアマチュアの長野未祈(ながのみのり)さん!

15歳の時、メジャー最終日に単独1位で迎えた彼女は最終的に10位に崩れるも今後の活躍を期待させるには十分なインパクトでした!
ちなみにその時優勝したのが当時17歳の畑岡奈紗選手でした(メジャー最年少優勝)。
今思い出しても15歳と17歳のアマチュアが優勝争いしてたんだからフィギュアスケートの話かと思うほどの争いでした。
現在はアメリカの大学で学生ゴルファーですが、近い将来海外メジャーで再び畑岡選手と争う日が来るかもしれません。

まとめ

  • プラチナ世代の勝ち頭は古江彩佳プロ
  • 世代優勝者は3名(2021.11時点)
  • ブレイク必至のプロも多数控えている!
【女子ゴルフ】黄金世代の優勝回数ランキング!黄金世代のドンは◯◯プロだった!高橋彩華プロで11人目の優勝!

女子プロゴルフ界の最強世代である『黄金世代』について取り上げます! 渋野日向子プロを筆頭にタレント揃いの同世代ですが、果たして優勝回数が一番多いのは誰でしょうか?調べてみました! スポンサーリンク ク ...

続きを見る

 

 

(Visited 132 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

-2000年度生まれ, 女子プロゴルファー
-,