競馬&競輪&麻雀

【浦和競馬場観戦記】住宅地にある意外に小綺麗な南関競馬場レポート

2023年12月26日、年の瀬。
午前中大宮方面で仕事があったので、午後は半休を取って初めての浦和競馬場に行ってきました。
今日で浦和競馬も年内最終日。

今まで船橋競馬場、大井競馬場、川崎競馬場には訪れていたのでこれで南関4競馬場コンプリート達成 🙂

備忘録代わりの観戦記を。

スポンサーリンク

行きは浦和駅から徒歩で15分、帰りは南浦和駅へバスで5分

浦和競馬場に行ったことがある友人からはバスをおススメされていましたが、浦和駅で降りたことが無かったので試しに行きは徒歩で競馬場へ。

15分かかりましたが、道中『本当にこの近くに競馬場なんかあるの?』って感じの住宅地を抜けていきました。

すぐ近くは民家。

帰りは5分間隔でこんなバスが出ています。
行先は南浦和駅。
今回は座れましたが、結構スタンディングの人も。
まあ、5分程度ですぐに着きますけどね。

南関競馬場の中でも行きやすい方だと思います。

いざ競馬場内へ

入場料100円を払って中に入ると早速左手にお馬さん発見。

競馬場行った際は必ずパドックに行きます。
パドック診断なんてできませんが、女性のケツよりお馬さんのケツを見る方が好き。
ケツ筋のつき方ってほんと個性がありますよね。

女性客が望遠カメラで張り付いてましたね、数名。
昔はあんまり見たことないなあ。

立地上、家族連れも多かった。子供用のお遊びスペースも室内にあって数組がいました。
父、母競馬予想に夢中で5、6歳くらいの男の子がつまらなさそうにその両親の周囲をパドックのように周回してたり…

どこの競馬場でもこのアングルの抜け感、好きなんですよね。
東京競馬場のそれには敵わないけど開放的で良き。

そういえばパドックにこんな垂れ幕。
コナン君のパロディ。
見た目も中身も思いっきり大人。

競馬場グルメはコロッケやら、もつ煮やら、カレーやら、蕎麦やら定番が並んでましたが直前に昼飯をご馳走になっていたので断念。
一応ダイエッターなので。

X上で見る『浦和競馬場ってこんなところ』

猫、見たかったなあ…

今日唯一のしょぼい的中馬券とか感想とか

今日はいつもはできないパドックで良さそうな馬に重点を置いての予想。
よってレートは低めに…

もちろん相馬眼なんて無いので負け。

ワイド2,350円(500円×4.7倍)の払戻のみ。

惜しかったのは自称『ダ800の鬼』としている浦和5レースのこんな馬券。

パドックで大川先生以上に馬鹿に良く見えた③ランディーを軸。
3連複の相手も同じくパドックで良かった⑦スタードラゴン。
で、③がハナ差4着で約16,000円を逃す始末…

今日の浦和は内の馬場が深かったのかな…外が良さそうでした。

それにしても12月の競馬場は冷えるね…
パドック中継のカメラマン、ひざ掛け毛布を巻き付けて寒そうでした。
お仕事頑張ってください。ヒーターとか無いのかな。

あと浦和競馬場ではハトの糞に気を付けましょう。
結構糞が落ちてました。軒先の真下が危うい感じ。

場立ちは1名稼働してました。
口上聞いてるだけでも楽しい。

また機会があれば来ます。

(Visited 23 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

-競馬&競輪&麻雀
-