競馬&競輪&麻雀

【2023年有馬記念予想&結果】本命プラダリア⇒3連単万馬券的中!

今年もやってきました有馬記念。
近年まれに見る混戦模様。

有馬で単勝4倍台の1番人気は久々のような…
いや、久々どころか記憶にないなあ…

サクラローレルが勝った96年の最高売上には届かなくても最近の中ではそこそこ伸びそう。

スポンサーリンク

◎プラダリア

で、本命はプラダリア。
現在16頭立て13番人気、単勝万馬券。

以下予想のポイント

  1. タイトルホルダー、渾身のラストラン
    悔いを残さない思い切った逃げが濃厚。後続の脚を使わせる消耗戦に。
    さすがに親父のようなケンブリッジサン騎乗はせずに離した形で4角を迎えたいはず。
  2. 誰が最初にタイホを捕まえに行くか?
    今回、有力馬で誰が初めに動くかが興味深い。
    早すぎても目標にされそうだし、タイミングが難しそう。
    ただでさえトリッキーな中山だし、あまり普段乗ったことがない外国人騎手はどうかね。
  3. 現況のタイホの力量を各ジョッキーがどの程度見積もっているか?
    春天勝った時の絶好調時をイメージしていれば早めに仕掛けざるを得ないだろうけど、近走の成績を額面通りに受け取っていればタイホのケアより後ろの有力馬のケアをしてしまいそう。
    少しは意識が甘くなって前有利???

まあ、兎に角今年の有馬はタイトルホルダーがカギを握ってそう。

で、本命プラダリアの話。

  1. 何と言ってもムルザバエフ鞍上
    あまり中山経験のない外国人ジョッキーは割引と言っては見たものの、去年末のホープフルS優勝が忘れられない。
    あのイメージでタイホの離れた2番手をイメージしてます。
    この枠だし思い切ってある程度出して位置を取りに行くでしょう。
    そのぐらいのギャンブルしても許されるオッズなのはドゥラエレーデの時と一緒。
    是非位置を取りに行って欲しい。
  2. 宝塚記念の内容◯
    実は宝塚でも本命だったんですが、内から見せ場十分の6着(0.4差)。
    残り100で一瞬3着は見えたんだけど外の馬たちにやられました。
    でも過去チャレンジしたG1の中で1番内容があった。
    阪神2200mであのパフォなら、連動してるこの中山2500mが実はベスト条件かも…
  3. 前有利の馬場
    いつもよりは時計が出て前有利。
    ただ、前有利だけど時計勝負が向いているかと言われれば難しい…
    でも少なくとも先行想定でいる以上、外差しになんかなっていない点は追い風のはず。
  4. 臨戦過程が本気モード
    JCや香港をスキップしてここに絞った点が他馬よりお釣りにある状況で臨める。

 タイトルホルダー大逃げ
⇒2番手プラダリアとアイアンバローズが後続に蓋をして進める
⇒有力馬の意識、タイホ<ドウデュース、スルーセブンシーズ、タスティエーラ等
⇒若干仕掛けが遅れて前を可愛がる形に
⇒叩き3戦目で復調していたタイホをギリギリプラダリアが交わして優勝。
 横山パパを競り落とした昨年末のホープフルSに続き、今年の年末も横山ファミリーを撃破!

  • ◎プラダリア
  • ◯タイトルホルダー
  • ▲ドウデュース
  • △スターズオンアース、スルーセブンシーズ、ジャスティンパレス、ディープボンド

基本的に3歳牡馬のレベルは疑っているので評価下げ。
今日リビアングラスもあっさり負けたし、ダービー4着のべラジオオペラがボッケリーニに辛勝ってのも気になる。
ハンデが56でも嫌いたい。

ドウデュースは本命も考えたけど想定よりも人気が…
マイルよりにシフトしてそうな体つきだけど、過去有馬記念でダイワメジャー、エアシェイディなんかも来てるしなんとかなりそうな…

とりあえず馬券はプラダリアの単複、行った行ったでタイホとのワイド。

しかし今年の有馬はホント予想してて面白い。

結果、3連単421.1倍的中!

タテ目だけど…一応的中…
プラダリアだけじゃ心許なかったので…

3歳馬軽視の予想につき、だいぶ絞れたのが勝因。
ルメールの大外、実は買いだから道中あの位置も想定内。

プラダリアが早々に脱落したのは想定外だけど騎乗自体には満足。
ちゃんと位置とってくれたから…

(Visited 23 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

-競馬&競輪&麻雀
-