2023年度 プロテスト

女子ゴルフ最終プロテスト合格者の平均受験回数は?司法試験より難しい?

2023年10月31日(火)より女子ゴルフの最終プロテストが開幕します。
そこで気になったのが合格者の平均受験回数

どうしても長年挑戦している女子ゴルファーを応援したくなりますが、現実はなかなか厳しい状況…
とりあえず過去3年度分のプロテストを調べてみました。

スポンサーリンク

受験回数(過去3年度分集計:2020~2022年度)

過去10年度分を調べようと思いましたが気力が無かったので過去3年分、計63名を取り上げます!
一応傾向はつかめるかと…

2020年度(22名)

2021年度(21名)

2022年度(20名)

合格者の平均受験回数は?

  • 2020年度:平均2.0回
  • 2021年度:平均2.1回
  • 2022年度:平均2.0回

3年度分63名の結果をまとめると…

  • 1回目:27名
  • 2回目:20名
  • 3回目:8名
  • 4回目:5名
  • 5回目:2名
  • 6回目:0名
  • 7回目:1名

平均受験回数は…
(1×27+2×20+3×8+4×5+5×2+7×1)/63=2.03回

ほぼ2回ですね…皆さんの予想した回数と似たような結果じゃないでしょうか…

まあ、長く回数かければ受かるもんでもないし、面子眺めても1~2回目で合格しないとその後の活躍も見込みにくいよね…

ちなみに司法試験合格者の受験平均回数は?

一応法学部だった私。残念ながらオツムが弱かったため司法試験を受けようという気持ちは毛頭も無かったのですが…
比較のために司法試験合格者の受験平均回数も調べてみました。興味のある方はお付き合いください。

「いとまこ」でお馴染み、伊藤塾のHPにデータがありましたので引用します。

  • 2020年度:1.66回
  • 2021年度:1.56回
  • 2022年度:1.47回

平均約1.5~1.6回って感じですかね。
単純にほぼ初回で合格している計算。
数字上は女子プロ合格の方が難しい…比較する意味はあんま無いけど…

ちなみに司法試験は受験回数制限があって5年間で5回と定められています。
5回落ちたら再受験はNG。
※一応予備試験に再度合格したり法科大学院を修了すれば再度受験資格を得ることはできますが…

女子ゴルフも受験回数制限を設けては?

二階堂地獄ゴルフの主人公みたいに10年連続で不合格になって35歳になってしまう選手も現実にいるかもしれないけど、どっかで見切りをつけてあげないと可哀そうな気もしてしまいます。
あくまで傍から見たら…だけど。

そう考えると女子ゴルフも受験回数制限を5回とするかわりに毎年の合格人数を現状の20名から40名にしちゃダメですかね?

素人が内情もよくわからずに適当に思いついただけですが…
たぶん回数制限の議論とか昔からあがってるのだろうけど…

年齢制限でもいいけど、個人的には大谷翔平選手が45歳でプロ野球引退後にプロゴルファーを目指して合格し、松山英樹以来のメジャー優勝という妄想を抱いているので年齢では縛って欲しくないかなと。
大谷翔平選手のゴルファー転向は半分冗談、半分本気で願ってます。
350ヤードは余裕だろうなあ…

ツイッター(X)上の声

【2023年女子ゴルフ】最終プロテスト合格者20名の結果予想!

今年はYouTubeのライブ中継も決定し、例年以上の盛り上がりを見せそうな女子ゴルフの最終プロテスト! ※中継は後半2日間で固定カメラ、実況等無し 舞台は岡山県にある「JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部」。 ...

続きを見る

(Visited 429 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

-2023年度, プロテスト
-