その他 女子プロゴルファー

【女子ゴルフ】2022.1時点の永久シード選手と、今後獲得しそうなプロを予想する

2022年も盛り上がるであろう百花繚乱の女子ゴルフ界。
去年は稲見プロが賞金女王となりましたが通算勝利数は10勝で永久シードまでにはまだ時間がかかりそう…

ただでさえ次から次へと有望株が湧いてくる中で、勝利数を積み重ねるのは至難の業といえそうです。
まあ、観ている方は不動裕理1強時代よりは今の方が面白いと言えばそうなんですが…

そこで改めて過去の永久シード獲得選手と今後該当しそうな女子プロを予想してみました!

スポンサーリンク

そもそも永久シードとは?該当基準は?

永久シードを獲得するとどんなメリットがあるのか?調べてみました。

簡単に言えば…

シード争いを気にすることなく、ツアーに永久的に出場できる保障を得られる!

これにつきます。

シード争いの悲喜こもごもを見るのも、毎年楽しみではあるのですが選手にとっては1年でも多くのシードを確保したいもの。
それが永久に得られるのであればプレッシャーから解放されて伸び伸びプレーができるんでしょうね…

で、気になる獲得の条件ですが、通算30勝以上が女子の基準。
(ちなみに男子は25勝以上)

これはかなり高いハードルですよね…それだけの価値があるということの裏返しでもあるのでしょうが…

1年3勝✖10年=30勝
1年2勝✖15年=30勝
1年1勝✖30年=30勝

いやあ、厳しい…10年最前線でいるのも女子の場合は難しいので、何年かは1年で5勝以上の固め打ちをしないと達成でき無さそうです。

では、実際にシードを獲得したレジェンド達を見ていきましょう。

永久シード獲得選手は6名

※LPGA50周年 永久シード6人の座談会(スカイA)より

大迫 たつ子(おおさこ たつこ)国内45勝 賞金女王3回

  • 1975年2勝(23歳)
  • 1977年4勝(賞金女王)
  • 1978年4勝
  • 1979年3勝
  • 1980年3勝(賞金女王)
  • 1981年2勝
  • 1982年2勝
  • 1983年4勝
  • 1984年4勝
  • 1985年5勝
  • 1986年3勝
  • 1987年4勝(賞金女王)
  • 1988年4勝
  • 1991年1勝(39歳)

12年連続複数回優勝をしているのはすごいですね…
85年は5勝の固め打ち。39歳が最後の優勝でした。

岡本 綾子(おかもと あやこ)国内44勝 海外18勝 賞金女王1回

  • 1975年1勝(24歳)
  • 1976年1勝
  • 1977年4勝
  • 1978年1勝
  • 1979年2勝
  • 1980年3勝
  • 1981年8勝(賞金女王)
  • 1982年4勝
  • 1983年1勝
  • 1984年1勝
  • 1986年1勝
  • 1987年1勝
  • 1989年2勝
  • 1990年1勝
  • 1991年3勝
  • 1992年2勝
  • 1993年2勝
  • 1994年3勝
  • 1996年1勝
  • 1997年1勝
  • 1999年1勝(48歳)

やはり48歳優勝が光ります!20年以上の息の長い活躍はさすが!
国内外通算62勝はすごいの一言…

ト 阿玉(ト アギョク)国内58勝 賞金女王7回

左がトプロです。

  • 1982年9勝(28歳 賞金女王)
  • 1983年9勝(賞金女王)
  • 1984年7勝(賞金女王)
  • 1985年7勝(賞金女王)
  • 1986年9勝(賞金女王)
  • 1987年1勝
  • 1988年2勝
  • 1989年5勝(賞金女王)
  • 1990年1勝
  • 1991年2勝(賞金女王)
  • 1992年3勝
  • 1993年1勝
  • 2002年1勝 (47歳)

2002年の47歳での優勝がすごいですね。
私は当時大学生でしたが、我慢比べの大会だったのを覚えています。

台湾出身ですが、28歳からの5年連続賞金女王(9勝⇒9勝⇒7勝⇒7勝⇒9勝)はえげつないですね!
4年で30勝以上上げて永久シード獲得だから半端ないっす。

樋口 久子(ひぐち ひさこ)国内69勝 海外3勝 賞金女王11回

  • 1968年2勝(23歳 賞金女王)
  • 1969年2勝(賞金女王)
  • 1970年3勝(賞金女王)
  • 1971年4勝(賞金女王)
  • 1972年5勝(賞金女王)
  • 1973年7勝(賞金女王)
  • 1974年8勝(賞金女王)
  • 1975年1勝(賞金女王)
  • 1976年5勝(賞金女王)
  • 1977年3勝
  • 1978年3勝(賞金女王)
  • 1979年5勝(賞金女王)
  • 1980年3勝
  • 1981年3勝
  • 1982年2勝
  • 1983年5勝
  • 1984年2勝
  • 1985年1勝
  • 1986年1勝
  • 1987年1勝
  • 1990年2勝(45歳)

国内外通算72勝!文字通りのレジェンド!解説も聞きやすくて心地よいです。
40代でも勝利を積み重ねたのはさすがです!

不動 裕理(ふどう ゆうり)国内50勝 賞金女王6回

  • 1999年1勝(23歳)
  • 2000年6勝(賞金女王)
  • 2001年4勝(賞金女王)
  • 2002年4勝(賞金女王)
  • 2003年10勝(賞金女王)
  • 2004年7勝(賞金女王)
  • 2005年6勝(賞金女王)
  • 2006年2勝
  • 2007年2勝
  • 2008年4勝
  • 2010年2勝
  • 2011年2勝(35歳)

年間10勝は不滅の大記録!27歳285日での永久シード獲得は最年少記録です!
2011年以降は優勝から遠ざかっていますが、もう一度優勝争いが見たいなあ…

森口 祐子(もりぐち ゆうこ)国内41勝 賞金女王0回

調べていて気付いたけど、森口プロは賞金女王になったことが無いんだね…
時代が悪かったのかな…

  • 1978年4勝(23歳)
  • 1979年2勝
  • 1980年3勝
  • 1981年6勝
  • 1982年4勝
  • 1983年4勝
  • 1985年5勝
  • 1987年2勝
  • 1989年2勝
  • 1990年2勝
  • 1991年3勝
  • 1992年1勝
  • 1993年1勝
  • 1994年2勝(39歳)

コンスタントに勝利を積み重ねて41勝。
1981年は岡本綾子の壁に泣いて賞金女王ならず…

今後永久シードを獲得しそうな選手達(2022年6月時点)

不動裕理が達成して以降、なかなか獲得者は現れませんが見込まれそうな選手たちを調べてみました。

  • アン ソンジュ(28勝)
  • 申ジエ(26勝)
  • 全 美貞(25勝)
  • 李 知姫(23勝)
  • 横峯 さくら(23勝)
  • イ ボミ(21勝)
  • 大山 志保(18勝)
  • 上田 桃子(17勝)
  • 有村 智恵(14勝)
  • 成田 美寿々(13勝)
  • 稲見 萌寧(11勝
  • 小祝 さくら(7勝)
  • 渋野 日向子(6勝)
  • 古江 彩佳(7勝)
  • 勝 みなみ(6勝)

個人的には赤字の選手たちが達成可能と予想!

渋野や古江、勝あたりは海外に主軸を置いてしまうと厳しくなるかなあ…

 

(Visited 794 times, 4 visits today)

関連コンテンツ

-その他, 女子プロゴルファー
-,